プジョー208のすべて Vol.24 立ち読み 関連商品

プジョー208のすべて Vol.24

出版社 三栄
著者 三栄書房
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

モーターファン別冊 ニューモデル速報 インポート

この書籍の目次

世の中ダウンサイジングの風が吹いていますが、やはりその先端を走るのはヨーロッパ。特にラテンの地域は、小さなクルマが非常に便利です。プジョーは205、206、207と大型化の方向に進んでいましたが、この最新型208では小型化の方向に進みました。しかしそこはもともと小型車の得意なメーカー。ただ小さいクルマを作ったりはしません。ダウンサイジングとは、大から小に移行しても満足できることが必要です。果たして208は、小さくても高級な造りを実現しました。さらに走りも大満足とのこと、さてどんなクルマに仕上がっているかは、本誌でご確認ください。

■あっと驚くことばかり
プジョーらしいスタイリッシュな佇まいは、一連のプジョーらしさを継承しています。そして室内に入ればまず驚くのは、ステアリングの小ささ。そしてミニバン以外ではあまりなかった、ステアリングより上に位置するメーターパネル。視認性や操作性の改善に手をかけるのは、メーカーとしてもかなり勇気のいることですが、それを思い切って実行してしまえるのがやはりアバンギャルドの国フランスならでは。加えて走りのテイストも、非常に驚きなのです。

■むかしのプジョーらしさが戻ってきた
205の時代には猫足といわれてきたプジョーですが、206、207と進化するにしたがって、乗り味はかなりソリッドな方向に進んできました。それを大きく変えたのが208です。ソフトな乗り味と、しなやかなハンドリングが魅力。ここには、最大90kgにも至る軽量化も大いに貢献しているようです。また、話題の中心でもある3気筒エンジンのアリューについても、トップページでしっかりとレポート。さらにエンジンの詳細解説も掲載しています。

この著者の他の本

SAKU 林紗久羅 写真集
神社とお寺 開運おみくじ
大人のSR
BRITISH-TWIN -愉...
爬虫類王国 ─ iZOO・KA...
一度は買いたいSA・PAの「五...
戦況図解 信長戦記
あなたは「孤独」にどう向き合う...
実況中継!大人の読みなおし世界...
親が認知症になる前に読む お金...
美しい歯と口 オーラルフレイル...
カワサキWエストレアの世界