山本七平のイエス伝――なぜイエスの名はこれほどにまで残ったのか 関連商品

山本七平のイエス伝――なぜイエスの名はこれほどにまで残ったのか

出版社 パンダ・パブリッシング
著者 山本七平
対応デバイス
iPhone対応 iPad対応

この本の内容

■イエスの生涯をトピックごとにわかりやすく解説
イエス・キリストは短い期間に、何かを言い、何かを行い、そして処刑されて人の世を去った。イエスの名は急速に忘れられ、消え去って不思議ではなかったのに、なぜイエスの名はこれほどにまで残ったのか。

「誕生」「闘争」「最後の晩餐」「裁判」「十字架」「復活」など、イエスの生涯の重要トピックごとに、山本七平がキリスト教をやさしく解説します。

・イエスが生まれ育った当時の社会がどのようなものだったか、
・イエスは何と闘ったのか、イエスにとってパリサイ人とは何だったのか。
・イエスはなぜ、どのように処刑されたのか。
・そして、なぜ「復活」がなければキリスト教はあり得なかったのか。

【著者略歴】
山本七平(やまもと・しちへい)
評論家。ベストセラー『日本人とユダヤ人』を始め、「日本人論」に関して大きな影響を読書界に与えている。1921年生まれ。1942年青山学院高商部卒。砲兵少尉としてマニラで戦い補虜となる。戦後、山本書店を設立し、聖書、ユダヤ系の翻訳出版に携わる。1970年『日本人とユダヤ人』が300万部のベストセラーに。日本文化と社会を批判的に分析していく独自の論考は「山本学」と称され、日本文化論の基本文献としていまなお広く読まれている。1991年没(69歳)。

この書籍の目次

第1章 イエスとの邂逅 
イエスが生まれるまでの“前史”を振り返る。 
第2章 イエスの聖誕 
イエスはどのような幼少期を過ごしたのか、どのような教育(職業/宗教)を受けたのか。イエスが生きた当時の社会はどのようなものだったのか。 
第3章 イエスの登場 
イエス登場前夜、ユダヤ社会に起きていた大きな変化と2つの事件とは。 
第4章 悪魔の揺曳 
サタンとは何か? その定義は「人間とは何か」に似ていて、結局は『聖書』に求めざるを得ない。 
第5章 イエスの闘争 
彼らが重んじた厳しい戒律を、イエスは破り、パリサイ人と衝突した。イエスにとって、パリサイ人とは何だったのか。 
第6章 終末への宴 
『共観福音書』や『ヨハネに依る福音書』など、書物によって「最後の晩餐」の時間の記述が矛盾するのはなぜか。
第7章 イエスの裁判 
なぜイエスへの裁判記録はわからないことばかりなのか。東京裁判との意外な共通点とは。
第8章 十字架 
いかにイエスは処刑されたのか。その詳細を検証する。 
第9章 復活 
なぜパウロはこうも復活を強調したのか。なぜ「復活」がなければキリスト教はあり得なかったと言われるのか。一体「復活」とは何だったのかを、ユダヤ戦争の指導者ベン・ヤイールの言葉と対比から考える。 

この著者の他の本

洪思翊中将の処刑
宗教からの提言――人が生きると...
山本七平とゆく聖書の旅