完全燃焼 大関魁皇1047勝の軌跡 立ち読み

完全燃焼 大関魁皇1047勝の軌跡

出版社 西日本新聞社
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

大相撲史上最多の1047勝を挙げ2011年7月に惜しまれつつも引退。
若貴や曙とともに「花の63組」と称され、豪快な取り口と人懐っこい笑顔で全国の大相撲ファンに愛された大関魁皇(現浅香山親方)。
23年にもわたった土俵人生と偉業の数々を秘蔵写真や担当記者によるエピソード、新聞記事、全場所詳細データなどで振り返ります。

この書籍の目次

写真グラフ「栄光の軌跡」

写真グラフ「怪力、右上手」

写真グラフ「魁皇」

浅香山親方「魁皇」を語る

あの日、あの一番

魁皇独占手記 1045勝を挙げた日に

西日本新聞社が追った魁皇の23年

1047勝の金字塔~主な記録と全白星総覧~

故郷直方

「23年の絆。」師匠・友綱親方 魁皇を語る

友綱部屋紹介