答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択 大前通信特別保存版Part.10 立ち読み 関連商品

答えのない世界-グローバルリーダーになるための未来への選択 大前通信特別保存版Part.10

出版社 株式会社ビジネス・ブレークスルー
著者 大前研一
対応デバイス
PC対応 iPhone対応 iPad対応 Android対応

この本の内容

トランプ米大統領の就任、英国のEU離脱(Brexit)など、益々、混迷し未来を予見することが困難な21世紀のグローバル社会は、まさしく、本書のタイトルでもある「答えのない世界」ではないでしょうか。数多くの著作で一貫して日本の改革を訴え続けてきた大前研一は、本書の中でこう述べています。
「IoTやフィンテックのように、21世紀は新しい産業がどんどん生まれてくる。あらゆる産業がテクノロジー化する、と考えて間違いない。既存の労働集約的な産業は、人件費の安い優秀な国へと必ず移っていく。イギリスで始まった産業革命の歴史とはそういうものだった。人口が減少し、人件費の高い日本が既存の領域で再び競争力を持つことはありえない。さらなる成長を遂げるには、新しい分野への挑戦が不可欠だ。<中略> 今の教育制度では野心に満ちた日本人は育たない。欧米に追いつけ追い越せの時代の教育だからだ。答えがあって、それを早く覚えて問題を解いた人が評価される。教えられたことしか覚えない姿勢がしみ付いていると、21世紀のデジタル新大陸では戦えない。これからのビジネスで問われるのは、答えのない世界でどう生きていくかだ。」<摩擦はなくなったが日本の存在感は低下(週刊 東洋経済 2016/11/12号) 本書より>
本書の第1章では、この書籍シリーズの元になっている会員制月刊情報誌「大前研一通信」から、米大統領選後の日本の行く末から見る、今後必要となる人材像、また、企業とこれからの人材育成を俯瞰した上での21世紀に求められる人材の要件を、そして、国家と企業の未来や、取り巻く環境の変化への洞察、日本の教育の見直しを警鐘したメッセージなどを中心にご紹介しています。第2章、第3章では、答えのない21世紀の世界で生き抜くための幼少期からの子供の学び、特にバイリンガル幼児園に関してもより深く訴求し、生涯学び続ける人材を生み出す教育体系として政府もその拡大推進に舵を切り注目を集める国際バカロレア(IB)教育をはじめ、大前研一を学長とするビジネス・ブレークスルー(BBT)大学、大学院の取組みに「結果を出せる英語力」を養成する教育プログラムや企業への導入事例なども含めてご紹介しています。
21世紀の「答えのない世界」で、どういった未来への選択をすべきか。国際的に活躍・貢献できるようなリーダー育成を、幼児から大人(経営者)まで三世代に渡り支援する生涯教育プラットフォームでもあるBBTを設立した大前研一の発信や、本書の多くのメッセージが、子育て世代の皆さんの子供たち、また、貴方自身への「未来への選択」のヒントとなるでしょう。

この書籍の目次

目次
  
 はじめに:「答えのない世界」での未来への選択とは

第1章:21世紀に求められる人材

1. 親は教育に「お金」ではなく「時間」をかけねばならない
◎教育に使ったお金と成果は全く比例しない
◎学校の成績や偏差値は正しい指標にはなり得ない
2.摩擦はなくなったが日本の存在感は低下
3.21世紀の人材戦略
(1) ボーダレスワールドを生き抜く武器「クラウドソーシング」を使いこなせ
◎21世紀は「人材が全て」である
◎世界中にあふれる才能ある人材たち
◎21世紀に生き残れる企業、取り残される企業
◎若者よ、クラウドソーシングを活用せよ
◎働く人、企業、どちらにも必要な21世紀の人材戦略
(2) 21世紀の人材戦略――ボーダレス経済の要諦「世界最適化」に対応すること
◎人材を自前で揃える必要のない時代に人をどう採りどう育てるか
◎日本の採用制度の問題を整理する
◎欧米グローバル企業は経営者人材を育成する仕掛けが整っている
◎21世紀のボーダレス経済の中で企業がとるべき人材戦略とは
4.突出した個人の時代に求められる「コンセプト力」
◎成功者と脱落者を分ける「3つの質問」
◎全体的な思考能力+新しいものを発想していく能力
◎コンセプトなき教育がもたらした日本の悲劇
◎クローバル経済拡大の中で世界で勝負できる人材がいない
◎思い込みの思考からいかに脱却するか
◎自分とまったく違う発想をする人間とタッグを組む
◎「突出した個人の時代」である21世紀に生き残るために
5.21世紀型子育てのすすめ
(1) 「好きなことをやる」と日本人はけっこう優秀な素地がある
◎日本の教育制度は平均値の高い均質な国民を作り続けてきた
◎放っておいてもよくならない。自衛するしかない
◎たとえば、桐朋の音楽学部……ヒントは既に日本の中にある
(2) 「有名大学→大企業→生活安泰」はいまや完全な幻想になった
◎クラスメートで最初に解雇される人になる

第2章:こども編――21世紀を生き抜くための子どもの学び

1.子どもたちが生きる21世紀におこりうる未来
◎GDP
◎人口減少
◎高齢化
◎労働生産性
◎海外人口比率
◎社会
◎子どもたちの学びへの示唆
【コラム】子ども英語教育特集――早期から学ぶことの大切さ
2.変化する21世紀の教育とライフタイム・エンパワーメント
 2.1. おこりつつある教育の変化
 2.2. ライフタイム・エンパワーメント
 2.3. 生涯学び続ける人を育てる
◎好奇心
◎自己効力感
◎ZPD(Zone of Proximal Development) ――発達の最近接領域
【コラム】 Beautiful Oops! and the Importance of Making Mistakes 『やっちゃった・・・でもだいじょうぶ!』と間違えることの大切さ
3.国際バカロレア -生涯学び続ける人材を生み出す教育体系 -
 3.1.国際バカロレアとは
 3.2.IB-PYPとは
◎PYPのカリキュラムフレームワーク
 3.3. 何を学ばせたいのか――指導計画
◎知識
◎教科横断型の学び
【コラム】 動物をテーマにした探究型学習
◎概念:何を理解してほしいのか
◎スキル:私たちは生徒に何ができるようになってほしいのか
◎態度:私たちは生徒に何を感じ、何を重んじ、何を示してほしいのか
◎行動:私たちは児童にどのように行動してほしいのか
 3.4.どうしたらよい学習ができるか――授業の方法
◎探究型学習の構成要素
◎好奇心と探究を誘発する質問のつくり方
◎PYPの環境設定
◎幼児期の学びと遊びの関係
◎ラーニング・センター
◎幼児教育の大規模研究からの知見
【コラム】 未来のMakersを育成するプロジェクト学習
 3.5.評価計画
◎評価 - 学んだかどうかを確認するには
◎記録
◎ルーブリック:
◎ポートフォリオ
【コラム】 光と影からアプローチした探究型学習から多くを学ぶ
◎報告 評価をどのようにフィードバックするか
4.まとめ――家庭学習での適用
◎環境設定
◎対話と支援
◎国際的視野

第3章:世界に通用するグローバルリーダーの育成を目指して

1.“国際バカロレア”本格導入で日本の教育はどう変わる?
◎IB教育は時代を生き抜く力を養う
◎進むIB教育導入でインターの役割とは
  国際バカロレアとは?
◎国内大学におけるIB入試導入状況
【レポート】:アオバジャパン・インターナショナルスクール(AJIS)で行われている英語教育と国際バカロレア
◎英語教育:EALの重要性の理解とIEPP(生徒個人単位での進捗管理)
◎国際バカロレア(IB):PYP(初等課程)におけるIB教育の事例
2.BBT大学(ビジネス・ブレークスルー大学)――インターネット大学の開拓者としての試行錯誤と可能性
◎独自に開発したオンライン教育システム
◎学生のlearnを促す
◎教員と学生のつながりを生む労働集約型の教育
◎ドロップアウトヘの対応
◎BBT大学が、今、抱える課題
3.これから求められる経営者像――BBT大学院が成し遂げてきた世界で戦える尖った人材、その教育と挑戦
4.すぐさま英語が身に付く7つの提言
◇7つの提言
①日々情景を英語で実況放送せよ
②外国人の道案内で学べ
③まずは英語で自己紹介の練習だ
④英語“ながら族”になれ
⑤自分がわからない表現は必ず書き留めよ
⑥TOEIC600点までは“筋トレ”だ
⑦でも点数は関係ない!英語は“即興”である
【コラム】〈そして先の一歩〉◇スカイプでフィリピン人講師と会話レッスン
5.BBTオンライン英会話導入事例:電通国際情報サービス――100社以上のオンライン英会話の中からBBTを選び、複数拠点のレッスンに活用
◎教室の補助教材として採用
◎実務に即した内容に高評価
◎運用の工夫で受講率が向上
◎質の高い講師陣が好評
6.グローバルリーダーへの道
(1)大前研一流の「相手を動かす英語力」とは?
◎ロールプレイのトランスクリプトと日本語訳
【Vol.156】超簡単「ハーバード式・5行エッセイ」の極意
(2)異文化の壁を超える交渉テクニック
◎第1回:交渉テクニック
◎第2回:なぜ、日本式交渉が外国人に通用しない(失敗する)のか
◎第3回:交渉における文化や国による違い

 あとがき

この著者の他の本

世界への扉を開く“考える人”の...
異能を開花する 大前研一通信特...
進化する教育
警告 目覚めよ!日本
ビジネス力の磨き方